Home > 部長

部長 Archive

御挨拶

e983a8e995b7e68ca8e68bb6

平成31年度京都府造園協同組合青年部第42代部長を仰せつかりました青木悦郎です。
今年度は和暦の干支終わりで且つ、平成から令和になるという大変大きな節目の年に青年部部長という大役をさせていただき大変光栄に思っております。

また今年度は49期と来年には50周年という記念すべき時が迫っております。

その準備の年でもありますので21名の部員と共に、精一杯頑張っていきたいと思っていますので皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

部長就任ご挨拶

平成30年度京都府造園協同組合青年部

第42代部長を仰せつかりました塩山浩人です。

部長という大役を仰せつかり、身に余る光栄と責任の重さに、今更ながら身の引き締まる思いでございます。

前年度に引き続き「出会い」という言葉を大切に、1年間部員全員と共に楽しみながら、そして実り多き一年になるように青年部活動を進めて参りたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

e5a1a9e5b1b1e983a8e995b7e58699e79c9f3

部長就任ご挨拶

平成29年度京都府造園協同組合青年部

第41代部長を仰せつかりました塩山浩人です。

このような大役を仰せつかるには、誠に微力ではございますが、

先輩各位ならびに部員の皆様にご助言、ご協力を仰ぎ、

青年部活動に邁進してゆく決意でございます。

今年度は「出会い」をテーマにひとつひとつの出会いを大切にし、

23名の部員と共に楽しみながら、そして実り多き一年にしたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

bucyou

伊勢神宮奉納行事 第41回造園感謝祭

去る平成29年2月23日24日に第41回造園感謝祭に奉仕団として、京都から亀岡、山城青年部を含め12名で参加して参りました。

関西ブロック長を務められた小林理事長の指揮のもと前々日入りし、神輿の準備や担ぎの練習を行いました。

dsc_16262dsc_15921

23日は御垣内参拝の後、近畿2府4県の青年部層を中心に63名で剪定奉仕、植栽準備を行いました。

dsc_1622dsc_1617

本番24日には総勢521名が集り、枝垂れ梅の献木を行いました。

dsc_1674dsc_16922

dsc_16931dsc_17121

当日63名の奉仕団の指揮をとった大藪部長、参加された青年部の皆様、朝早く京都から激励に駆け付けてくれた青年部の皆様本当にお疲れ様でした。

関西ブロックが担当する貴重な時に青年部に在籍出来た事を嬉しく思います。

この経験を様々な機会で活かせるように記憶にしっかり留めておきたいとおもいます。

臨済宗大本山 東福寺にて 展示庭園を作庭しました。

本日快晴!

臨済宗大本山 東福寺 において

某組合開催のイベントで

所属してました青年部で

展示庭園を作庭してみました。

img_2135

テーマ 『紋』

渦紋、風紋、砂紋、紋章や家紋など、

家などのしるしやものの形や模様、証などを

表す「紋」

円形の石盤  長い年月をかけて、

ただ一点 雫が作り上げた「紋」。

自然が創り出した造形を

前にした時、花を添えるしか

出来ないだろう。

それが自然に対してヒトが出来る

精一杯の証なんだろう。

img_21361

img_2134

作庭にご協力してくれた

青年部の皆さんお疲れさまでした。

また石材は、当青年部の先輩 北山都乾園の

北山さんにお借りしました。

いつも有難うございます!

部長就任ご挨拶

e5a4a7e896aee983a8e995b7e38080e58699e79c9f19

平成28年度京都府造園協同組合青年部

第40代部長を就任致しました、右京支部 大薮敏晴です。

部長として至らないことが多々あると思いますが

部員の協力のもと頑張りますのでよろしくお願いします。

青年部組織として1個人では出来ない事でも

青年部という組織なら出来るという活動を実践し、

部員の皆と大きく成長し思い出深い1年にしたいと思います。

部長就任ご挨拶

平成27年度京都府造園協同組合青年部
第39代部長を仰せつかりました前田大介です。
設立45年という歴史ある組織の
部長という大役をお受けするにあたり
大変身の引き締まる思いでございます。
32名の部員と共に、技術、技能の研鑽に励み
青年部だからこそ出来る活動を実践し
価値ある一年にしていきたいと思います。
e5908de588bae5898de794b0e7a2bae5ae9a

京都伝統産業青年会展

3月28、29日、建仁寺塔頭両足院で開催された「京都伝統産業青年会展」に坪庭を出展しました。11129436_761150130661580_566200085_n1
img_0260
白川石の礎石を舞台に見立て、そこに日々の発想から生まれてくる作品を置き、庭に自分なりの演出をしてみてはいかがですか?というのがコンセプトです。
一年間の部長職の〆の仕事として、私個人的な想いを形にすることにご協力くださった部員の皆様ありがとうございました。

全国造園技能競技大会 京都

>平成26年10月18.19日、京都府立植物園に於きまして第3回全国造園技能競技大会が開催されました。
京都代表チーム「京」が特別賞、「雅流」が銀賞と来園者の人気投票による知事賞を獲得しました。結果よりもまず気持ちを込めて作業する選手の姿勢に刺激を受けました。大会関係者各位、そして選手のみなさん大変お疲れ様でした!

image3
京「嵯峨野」 京都
image2
雅流「大地との調和」 京都
image4
金賞 KURO髭「湧くワクする庭」 青年部
image5
銅賞 長州志士「在り来たり」 山口

三和土講習会

9月14日、去年度からの継続事業、「京の緑の推進プラン」の一環として、三和土講習会を梅小路公園内に於いて藤井親方を講師に開催しました。
kimg0053
深草砂利、石灰、ニガリ、セメント少々、親方流の配合を教えていただき
kimg0054
下地作り
kimg0058
セットウ、地ゴテを駆使して隅々まで丹念に叩いていきます。
kimg0060
コテで端々を押さえ
kimg0055
親方が段取りしてくださった、トンボ、源氏香を
kimg0061
埋め込んでいきます。

三和土が乾くまでの間
kimg0062
露地の必需品、チリ穴の作り方までご指導いただきました。
kimg0064

三和土の仕上げは水洗い
kimg0065
たっぷりの水でごしごしと表面に小石の粒が浮き上がるまで擦ります。
kimg0066
時間をかけて仕上げたピッカピカの三和土

藤井親方は仕上げの大切さをなんども口にされていました。
最近ではめったに施工する機会のない三和土、いざという時できるかできないかでは大きな差があると思います。
また、使う機会を自ら作り出すことも大切ですね。
伝統的な技法の基本をしっかりと学ぶことができ、充実の一日でした。

藤井親方ありがとうございました。!

ホーム > 部長

検索
フィード
管理

Return to page top